Image Alt

9月 2021

  /  2021

2021年9月10日(金) 県道沿いの急斜面において、表層土砂の崩壊および岩盤斜面の崩落防止を図るため、 地山補強土工及び簡易吹付法枠工、吹付工を施工。特に簡易吹付法枠工において、岩盤が 脆弱かつ不陸が多い斜面に対して施工を行う際、標準の簡易吹付法枠工の手段では組立枠の 形成が困難であったことから吹付モルタルの定着を図るため追加資材(金網型枠等)を 用いるなど、様々な工夫を行った結果、出来ばえ良く完成させたことが評価されました。 l  現場名:溝陸地区復旧治山工事 l  監理技術者:佐野 一郎

今年度もコロナ禍の中、本社および福岡支店、現場事務所をテレビ会議システムにて開催しました。労働災害や交通災害、安全パトロールなど1年間の総括に加え作業員にスポットをあてたDVD鑑賞をしました。またメンタルヘルスについて外部講師を招いての教育を実施し、ストレスの基礎知識からメンタル不調者への対応などを学びました。